このたび、参拝される方々の憩いの場として「藤棚」設置の計画をしております。
仏華で仏前を飾るのは、私たちが浄土をわかりやすく感じるための荘厳です。
境内整備計画に対し、蓮の花の寄贈もいただき、美しいものに心が引かれ、いつかは枯れ限りある花の命を知らされるということなのでしょう。
有縁の方々でご協力いただける方がおられましたら、是非本徳寺までご連絡をお願いいたします。